日記 2020年6?page=3月 3ページ目 | 東京,神奈川,千葉,埼玉周辺の不動産をお探しなら株式会社ラカリテにお任せ下さい。

医院開業物件選定特設サイト

0800-800-3158

営業時間9:30~18:30定休日土曜日・日曜日・祝日

“患者さんの満足度を高める空間”とは・・・・

 

都市部でのクリニックの増加、インターネット・スマートフォンの普及から

 “患者さんがクリニックを選ぶ時代”となっているのは周知の事かと思います。

では“選ばれるクリニック”として、 “患者さんの満足度を高める空間”をつくるにはどうすれば良いのでしょう?そんなテーマで今回はお話をしたいと思います。 

今回の待合室の工夫は「皮膚科」についてお話します。 

保険診療を中心に診療を行う“皮膚科”の場合は保険点数の観点からも、多くの患者さんをさばく必要が出てくるでしょう。

必然的に待合室のスペースは大きく確保することが望ましいです。

席数としては多ければ多いほどよいですが、待合室の形状にもよりますが現実的には30坪前後の皮膚科クリニックで15席から20席前後を確保するのが限界でしょう。

予約システムの導入も検討し、回転率を意識しましょう。 

自費診療を中心に診察を“皮膚科”の場合にはクリニックの大きさも考慮にいれる必要があります。

これは化粧直しをする“パウダールーム”を設置する必要があるためです。

また事前のカウンセリングを行う部屋を設ける事もあるので、40-50坪程度のスペースを確保するとよいでしょう。

さらに待合室自体の雰囲気にも気をつけたい。

審美的な施術を受けるにあたり、あまりに無機質な空間では自費で診療を受ける雰囲気にならないでしょう。

雰囲気づくりとして、コストをかけてグレードを上げることは簡単ですがあまり費用をかけずに雰囲気を良くする工夫はできます。

たとえば、クリニックのカラーリングを考えてみましょう。

たとえば、少し濃いめの木目を取り入れてみる。それだけで雰囲気はぐっとシックになる。ただあまり多用すると重厚感が出すぎるのでバランスを考えるとよいでしょう。

待合室の席数ですが完全予約制を導入する場合には待合室のスペースを縮小することは可能ですがその代わりに、自費診療の患者さん専用の待合スペースを設けるとステータスを感じる効果も期待ができます。

 

“皮膚科”という診療科目は多くの患者を効率よく診察していくのが基本ですが

どこのクリニックでも、どうしても待合室は混雑してくるのが現状です。

この混雑を避けるために予約診療システムを開業時から導入し、待合室の混雑がかなり軽減できるので、スペースを効率よく運用できます。

 

 

投稿日:2020/06/02投稿者:-

“患者さんの満足度を高める空間”とは・・・・

 

都市部でのクリニックの増加、インターネット・スマートフォンの普及から

 “患者さんがクリニックを選ぶ時代”となっているのは周知の事かと思います。

では“選ばれるクリニック”として、 “患者さんの満足度を高める空間”をつくるにはどうすれば良いのでしょう?そんなテーマで今回はお話をしたいと思います。

 

 

 

今回の待合室の工夫は「心療内科・メンタルクリニック」についてお話します。

 

“メンタルクリニック”というと・・・・

立地条件としては駅から比較的近い場所での開業をするドクターが多いですね。

これは患者さんが自宅や会社の最寄り駅ではなく、少し離れた場所で受診したがる傾向が多いので、なるべく駅からのアクセスのしやすい場所が好まれるからです。

当然駅から近いという立地であるので家賃相場も比較的高額になりやすいので、あまり広い坪数ではなく比較的コンパクトな広さでいかに効率的なレイアウトを実現するかが重要になってきます。

 

“メンタルクリニック”の場合は、ほぼ予約診療が前提なのであまり広い待合室は必要としていないクリニックが多いのが実情です。

狭いながらも、より通院患者さんがストレスを感じない、居心地の良い、“患者さんの満足度を高める空間”をつくりにすることが可能です。

 

たとえば“待合室の椅子のレイアウト”についてはどうでしょう?

一般的なクリニックの椅子のレイアウトは、受付カウンター側に向いて座る形が普通です。“メンタルクリニック”では、他人と視線を交わすことを嫌がる方々も多い。

そこで街中のカフェのように窓際や壁際に向かって座るカウンターや椅子を配置してみましょう。他人と視線を気にすることなく、居心地の良さや、患者さんのストレス軽減につながっていきます。

 

またクリニックの床の素材にも注目してみましょう。

一般的なクリニックの床材のような塩ビタイルのような素材ではなく、タイルカーペットにすることをお勧めいたします。

歩行感が柔らかく、クリニックのイメージも柔らかい雰囲気を出しやすく、居心地の良さを演出できます。

またカーペットは音を吸収する効果も高いので、より静かな空間を演出しやすいのも特徴です。

“メンタルクリニック”では特にカウンセリングを重視する場合も多いので、カウンセリング室や診察室の床もタイルカーペットにし、ドアも防音効果の高いものにするとよいでしょう。

そうすることで、より音漏れを軽減しプライバシーの確保を図ることができます。

 

最後に・・・・

待合室内でBGMを流せるように設計の段階からご相談するとよいでしょう。

天井にスピーカーをいくつか設置し、クラシック音楽を流しておくだけでも患者さんにとって居心地は良くなります。

また最近ではリラックス効果の高い、アロマを焚いたり、生花やオブジェなどを設置して嗅覚や視覚からもリラックス効果を高める工夫をしているクリニックも多々みうけられます。

ちょっとした工夫ですが“患者さんの満足度を高める空間”となり“選ばれるクリニック”となっていくでしょう。

投稿日:2020/06/02投稿者:-

“患者さんの満足度を高める空間”とは・・・・

 

都市部でのクリニックの増加、インターネット・スマートフォンの普及から

 “患者さんがクリニックを選ぶ時代”となっているのは周知の事かと思います。

では“選ばれるクリニック”として、 “患者さんの満足度を高める空間”をつくるにはどうすれば良いのでしょう?

 

今回は“整形外科”の居心地のよい待合室とは・・・をピックアップしてお話をしていきます。

 

“整形外科”では待合室のレイアウトが大変重要になってきます。

では、他の診療科目と違う点とはどういったものでしょう。

“整形外科”での患者さんの動線をまずは説明していきましょう。

まず患者さんは受付に立ち寄ります。その後、診察に行く患者さんと直接リハビリ室やレントゲン撮影に行く患者さんがいらっしゃいます。

待合室から複数の動線が発生しますので患者さんの負担がかからない動線の確保のため、

待合室のレイアウトが重要となってきます。

整形外科の場合は患者さんの数が多くなりがちで、受付での対応の仕方により作業効率を高めることが可能です。

患者さんの数が多い為、複数のスタッフで対応ができるよう受付カウンターは余裕があれば大きめに設計し、患者さんのお待ち頂くスペースも診察室、リハビリ室、それ以外のゾーンに行く患者さんを分けると受付前の混雑が緩和されます。

 

また“整形外科”では車いすの患者さんも来院されますのでバリアフリー対応については当然必須となりますが待合室についても様々な工夫が必要となってきます。

たとえば待合室に設置する“椅子の仕様”が重要です。

一般的なクリニックの椅子は床から座面まで38cm位が標準ですが、45cm前後にすることで膝の痛みを持つ患者さんでも座りやすい高さとなります。

また痛みで全く座れない患者さんでも腰掛ベンチを設置すればより楽な姿勢で待つことができます。

 

車いすや松葉つえで来院される患者さんも多いことから、各通路やトイレなども幅に余裕を持たせておくことも必要でしょう。

通路に手すりを設置する場合の注意点ですが、手すりを付けても通路幅に余裕があるかを確認しておきましょう。またバランスを崩して壁にぶつかったりする患者さんも多く、手すりの位置として壁部分の腰より下の部分については強度のあるものや張替がきく素材を選ぶことで後々のメンテナンスや補修が格段にしやすくなります。

 

“整形外科”の場合はほとんどの患者さんが痛みやしびれなどを伴う症状で来院してきます。

いかに患者さんに負担をかけないでお待ちいただけ、“患者さんの満足度を高める空間”を重点に考えた設計が必須です。

ちょっとした小さな心使いが“選ばれるクリニック”としてのポイントとなります。

・受付や会計の時に足腰が悪く杖をお持ちの患者さんの心使いとして、杖をかけられるホルダーを受付カウンターに設置する。

・車いすの患者さんがきてもそのまま受付できるようにカウンターの形状を変え、ローカウンターを設置。

 

など、ちょっとした工夫で患者さんに居心地の良い“患者さんの満足度を高める空間”となってくるでしょう。

投稿日:2020/06/02投稿者:-

“患者さんの満足度を高める空間”とは・・・・

都市部でのクリニックの増加、インターネット・スマートフォンの普及から

“患者さんがクリニックを選ぶ時代”となっているのは周知の事かと思います。

では“選ばれるクリニック”として、 “患者さんの満足度を高める空間”をつくるにはどうすれば良いのでしょう?そんなテーマで今回もお話をしたいと思います。

今回はクリニックの顔であるエントランスについてお話をしたいと思います。

エントランスとは・・・

エントランスとは入口や玄関をさす用語で、クリニックにおける顔ともいえる部分です。

・明るい雰囲気で入りやすそう

・クリニックの専門としている診療内容が詳しく書いてあり、わかりやすい

・入口廻りの掃除が常に行き届いている

エントランスの外観は“選ばれるクリニック”として大きな要素です。

クリニックの門をくぐる際にも細かい配慮は必要です。

新規開業をするクリニックではエントランスに“自動ドア”を設置するのが当たり前になってきております。

これは高齢の患者さんや子供連れの患者さんの負担の軽減や安心して出入りにしてもらえるよう配慮の結果といえるでしょう。

さらにクリニック内にもう1ヶ所“自動ドア”を設けて“風除室”を設置するケースも多くみうけられます。

“風除室”の設置によりメリットとは・・・

“風除室”の設置によりメリットとして、夏・冬の冷暖房効果が高くなるのはもちろんですが、特に風が強い臨海地域やビルが多く立ち並ぶエリアでは出来れば“風除室”の設置を検討して頂きたいと思います。

これらのエリアでは“風除室”が有ると無いでは“待合室”での居心地が格段に変わってきます。

“テナント開業”の場合にエントランスに自動ドアが設置されていないケースも良く見受けらます。

この場合、大家さんの許可を得て自動ドアを設置するという流れとなり、自動ドアの仕様(片引き・両引き・2連式等)や大きさにより異なりますが、70-100万円ほどで設置できますので新規開業の際には“患者さんの満足度を高める空間”とするためには自動ドア導入をお勧めいたします。

“戸建て開業”の場合には自動ドアはもちろんですが、エントランスに雨除けの庇やテントを設置をご提案しております。

特に車で移動するケースが多い地域では車寄せを設けておきましょう。

足腰の悪い患者さんの送迎や雨に濡れずにすぐにクリニックに出入りできるよう配慮するとよいでしょう。

“エントランスはクリニックの顔です。”

いかに入りやすい演出をするかにより“選ばれるクリニック”につながってきます。

投稿日:2020/06/02投稿者:-

“患者さんの満足度を高める空間”とは・・・・

都市部でのクリニックの増加、インターネット・スマートフォンの普及から

“患者さんがクリニックを選ぶ時代”となっているのは周知の事かと思います。

では“選ばれるクリニック”として、 “患者さんの満足度を高める空間”をつくるにはどうすれば良いのでしょう?そんなテーマで今回はお話をしたいと思います。

患者さんがクリニックに来院し、いちばん長く滞在する場所、そればどちらでしょう?

正解は、来院後いちばん長くいる空間、“待合室”です。

・クリニックに来院後、診察の為に待合室で待つ。

・診察後、お会計の為、待合室で待つ。

他の患者さんの状況にもよりますが概ね待合室で待機をする時間が長くなります。

待合室を“患者さんの満足度を高める空間” とするには、どのようなデザイン、どんな付帯設備が喜ばれるのか?

待合室の雰囲気、衛生面、機能性の充実が選ばれるクリニックの条件として、近年高まっています。

今回は「小児科の待合室」にスポットを当てお話をしたいと思います。

小児科ではたくさんの乳幼児など子供が親御さんと共に来院いたします。

小児科クリニック、最近ではファミリークリニックでは子供たちがなるべく静かに待てる環境、親御さんが目を離しても、安心のできる付帯設備を備える傾向が強くなっています。

代表的な付帯設備として“キッズコーナー”があります。

待合のいっかくにクッション材を敷いただけのキッズコーナーは比較的多く見受けられますが近年の新規開業のクリニックでは壁面にクッション材を貼りつけたり、子供が静かに待てる工夫として、アニメDVDが見られるモニター設置。

絵本やおもちゃが散乱しないような収納にも工夫を凝らす場合も多く見受けられます。

また親御さんが頻繁に利用するオムツ替えベッドや授乳室、こちらもなるべくプライバシーの確保を考えて設置されているとクリニックへの安心感が増し、満足度を高める空間となるでしょう。

昨今のコロナウイルスの感染拡大による影響もあり、より院内感染を気にする方が増えていくでしょう。“患者さんの満足度を高める空間”として、隔離スペースを設けることが望ましいでしょう。

隔離室を設ける際の注意点としては、隔離室へ入口は一般の患者さんの動線と交わらない動線を確保することが望ましい。動線を分けることで感染リスクを低くする事を心がけましょう。

テナント開業の場合には、入口付近に隔離スペースの設置と、一般の患者さんの動線を確保しておきましょう。

患者さんが安心して通える空間づくりを付帯設備をもうける事で、結果として患者さんの満足度を高める空間”ができ“選ばれるクリニック”に繋がっていきます。

投稿日:2020/06/01投稿者:-
過去の投稿